one of KyokoKind 5月メモ 初live落語 桂米團治独演会 | one of KyokoKind

one of KyokoKind

一日一自慢(& 一言い訳) One Boast(One Excuse) a Day
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
0
    5月メモ 初live落語 桂米團治独演会

    #katsurayonedanji #yonedanji #kamakurahanashikai #rakugo #hyakunenme #百年目 #zushi #trattoriaatavola

    5月メモ。

    ご案内を頂き、やっとチケット買って聴いた、初めての生の落語(以前、取材で銭湯で定期上演活動する若いお弟子さんたちのはなしを聞いたり、はたまたかなり昔に時計ブランドTU頁で4代目桂三木助さんをインタビューし『時そば』を知ったという程度。因みにその父上の十八番は『芝浜』だそうで、前回伺えなかったメイン演目が『芝浜』でした、なるほど〜)。

     

    「上方落語は『笑点』とはまた違う雰囲気で華やかだからいい機会かも」と、落語にお詳しい皆さま方に解説して頂いたお陰で、キモチ的な距離がグッと縮まりました(*^_^*)。

     

    第33回 鎌倉はなし会 桂米團治独演会』のプログラムは、桂米輝さん『千早振る』、桂米團治師匠『七段目』、桂ひろばさん『上燗屋』、米團治さん『鹿政談』『百年目』。

     

    米團治さんはその個人芸を鑑賞する華麗なバレエのようで、休憩や帰り際にあちこちから賞賛の声が聞こえていました。

    笑わせられた笑うのはひろばさん。ざこばさんの弟子だそうで命名の由来なども話されていましたが、マクラ?で話されたご自身の活動「落語家と行くなにわ探検クルーズ」が、ありありと情景が浮かんで、Dubai観光に砂丘ドライブが欠かせぬように、大阪でなにわクルーズに行かねば、と思いましたにや

     

    ご案内くださいました主催Akiyama様ご夫妻、解説してくださいました翻訳者Inuzuka様&落語通主人様、落語通Miwa様、日本ペンクラブ会員ライターNishi様、中国茶先生Mori様、感謝です!  

    そして米團治師匠を囲んでの記念撮影にもお邪魔させて頂き有難うございました。

    貴重な経験となりました 笑う !

     

    →は、LEGOでこんな表現する方。前にデンマーク・ビルンドの本社とレゴランドに取材に行かせて頂いたときも英国人ビルダーの方がプレス陣に説明してくれてましたけど、イギリス風住宅から原子力空母、ひとつの街の風景までさまざまなものを作る方がいて、つくれる対象物が果てしないってことを知りました。女の子用のキットはアクセサリー中心で、いろいろ買ったのはいい思い出(^o^)。→のような人体とか恐竜とか抽象的表現もアリだよなあと改めて。brickartist - Home  ←この方は作者でこんな作風→。

     

     

    ↓この夏用の作業用BGM。 

    ♪Pacha Summer 2016

     

    ↓ちょっと前までの懐かしレッスン曲。歌詞付き。 注意換気用。

    ♪女性に聞いてほしい洋楽lean on/Major Lazer &DJ Snake Feat.MO

     

    ↓tiestoの、ちょっと前、2013年8月のpost。夏作業用。

    ♪Tiësto - Take Me (Lyric) ft. Kyler England

    | pickyoko | - | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 18:15 | - | - |
      0









        http://pickyoko.jugem.cc/trackback/3543
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
         

        このページの先頭へ