one of KyokoKind memo  | one of KyokoKind

one of KyokoKind

一日一自慢(& 一言い訳) One Boast(One Excuse) a Day
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
0
    memo 
    太陽や塩が、電気が、人工衛星、ロボット技術が、おつかいにいかせてくれたり、海外旅行に行かせてくれるのですね。

    →このコ、充電で走るんですね。しかも塩水で発電。Press release
    「With an official licence to operate the QUANT e-Sportlimousine on public roads in Germany and Europe nanoFLOWCELL AG has taken a further major step towards establishing flow-cell technology as an alternative, fully electric drive system.」
    ↓QUANT e-Sportlimousine with nanoFLOWCELL® drive


    Now that's solar power! Scientists create world's first 'green' jet fuel using SUNLIGHT  日光からジェット燃料に:太陽光を用いた世界初の「グリーン」のジェット燃料を作成するというニュース。欧州の科学者たちは、太陽光、水と二酸化炭素を使用して、世界初の再生可能なジェット燃料を作成したと。 大規模に証明された場合、プロセスは飛行機、車や他の車両用の燃料の持続可能でスケーラブルな供給を提供することができる、とのことです。最初の '太陽'灯油を作る SOLAR-JETと呼ばれるEUの資金による研究プロジェクトは、有用なリソースの水と二酸化炭素(CO2)、優れたエネルギー安全保障のためへの有望な技術として、おそらく温室効果ガスをONにしてから、世界初の「ソーラー」ジェット燃料を生産している、と。このSOLAR-JETプロジェクトは、大学と産業界(ETHチューリッヒ、バウハウスLuftfahrt、ドイツZentrumのエリーゼLuft-ウント Raumfahrt(DLR)、シェル·グローバル·ソリューションズと経営パートナーARTTIC)から研究機関を結集。「基本的な考え方は、燃焼プロセスを逆にすることだ」とシュトゥットガルトの燃焼技術のDLRの研究所のプロジェクトを担当するパトリック·ル·Clercqは説明。 コンバーチブルロードスターは毎時200マイルに達し、燃料1タンクに2000マイルを持続。濃縮光。な、なんだかむずかしい……。金属酸化物を加熱する集中太陽光を利用した太陽反応炉を作る過去4年間の成果らしいSOLAR-JETプロジェクトは、2011年6月に発足し、研究や技術開発のための第七枠組み計画(FP7)からEUの資金€220万を受けて活動。安全な持続可能かつスケーラブルな航空燃料の供給だけでなく、ディーゼルおよびガソリン、あるいはプラスチックを提供する可能性を持っているとのこと。プロジェクトの次のフェーズでは、太陽反応炉を最適化し、技術が大規模にかつ競争力のあるコストで動作するかどうかを評価することを計画と。昨年12月11日に始まり2014年に打ち上げられ、新エネルギー、持続可能なソース、ホライゾン2020、バイオ燃料と持続可能な代替燃料のための次世代技術の開発、競争力のある低炭素エネルギーを、7年間のEUの研究と技術革新プログラム下で発見、欧州委員会は、提案されたこの分野で2年間で€732万ドルを投資。ジブンには理解できないけど、大雑把に汲み取ると、今そこにある天然資源のニューフロンティア探し、ってことかしら。自分の日常のさまざまなお悩みにも通じるヒントかもなぁ、とテキトウなことを考えてみる……。
    Linde starts up series production of hydrogen refueling stations in Vienna - Renewable Energy Focus Linde starts up series production of hydrogen refueling stations in Vienna - Renewable Energy Focus
     
    | DailyMail

    リンデグループは、オーストリアの水素燃料補給ステーションのための世界初の小型シリーズ生産施設をウィーンでオープンと。また、EUの無人駐車システム、ドイツ南部シュツットガルトの空港でこのほど、無人駐車システムの実験が成功したというニュース。ドイツ、イタリア、英国、スイスの研究者らが開発を進め、EUが560万ユーロを拠出。数年内にも実用化する見通しと。こ のシステムは電気自動車(EV)の将来的な普及を見据え、空きスペースへの移動や駐車中の充電を完全自動化するもの。ドライバーが駐車場前に車を停めた後、スマートフォンのアプリで指示を出すと、車がサーバーに接続され、特定のスペースに無人で移動される。戻って来た時に同じアプリで呼び出せば、完全に充電された状態で乗って帰れる、というらしいです。
    しかも屋内の駐車場ではGPSは必ずしも機能しないため、今回のプロジェクトではロボット工学や環境センサー技術に基づくカメラベースの検知システムを採用と。悪天候でも問題なく、想定外の障害物も回避できるとのこと。[
    環境ニュース、
    サーチナ|FCVはEVの脅威になる? 「一気に普及する可能性も」と自動車関係者=中国メディアの一財網。トヨタ自動車が今年度中に発売を予定している燃料電池自動車(FCV、水素を燃料に発電して走行できるエコカー)が「Mirai(ミライ)」と命名され、「トヨタはすでにFCV発売に向けて水素ステーションといったインフラ整備のほか、メディアでのプロモーションを開始している」と報じたというニュースも。トヨタは2015年4月までに国内でFCVを発売する計画で、価格は約700万円になる予定。さらに米国や欧州では15年夏ごろの発売に向けて準備を進めているのだそうで、景色が大きく変わりそう。記事は「FCVは水素の1回の補充で約480キロメートルも走行が可能、水素の補充にはたった3分しかかからない」と伝えたそうで、米国の電気自動車メーカー、テスラモーターズにとってFCVは「脅威的存在」になるとし、「リチウム電池による電気自動車の普及という段階を飛び越え、究極のエコカーであるFCVが一気に普及する可能性もある」と論じたとのこと。
    EV sales double again in Europe | Business Spectator EVの売上高は、欧州で再び倍増。ノルウェー、オランダの自動バイヤーは4年連続で欧州の電気自動車販売を支援、電池式の車を選んだと。50,000台のプラグイン車の参入、ルノーゾーイ、三菱アウトランダー、ボルボV60。すべての車の販売の0.4パーセントだそうです。米国や日本よりも遅れているけれど、その傾向が続けば2025年までに再び倍増するだろうと。

    「Autonomous car」「UGV(Unmanned Ground Vehicle)」「Driverless car」「Self-driving car」などとも呼ばれている自動で走行できる車。 QUANT e-Sportlimousine by nanoFLOWCELL AG 航続距離は600km!塩水を循環して発電するスーパーEVの実力 | FUTURUS(フトゥールス) EVの航続距離を決定する駆動用バッテリーの容量拡大に向けて世界中で研究が進む中、今年3月のジュネーブモーターショーで大きな話題を呼んだ「塩水を循環して発電」するスーパースポーツEVがいよいよ欧州で試験走行を開始するというニュース。8月4日 AVANTI MOBILITY,その名は「nanoFlowcell AG」が開発した「QUANT-e-Sportlimousine  クアントeスポーツリムジン」。ガルウイング式のドア、スーパーカー然とした外観。名前が示すとおり、全長が5mを超える大型の4シーターEVで、心臓部には1974年に米NASAが発表した「レドックス技術」の原理を応用して発電する「nanoFlowcell AG ナノフローセル」を搭載。この発電原理による技術は日本でも住友電気工業が「レドックスフロー蓄電池」として2001年に実用化に成功しているそうで、 今回「nanoFlowcell AG」社はこれを分子設計を通じた量子化学の応用により、イオン電解液を高濃度化、エネルギー密度を高めたことで400Lにまで抑えたとかなんとか。 会社名にちなんで命名された「ナノフローセル」は車載タンクに蓄えた400Lのイオン液を電気パワーに変えて600kmの航続距離を実現。2個のタンク内イオン液に別種の金属塩を溶融させ、2液をイオン交換膜で分離。酸化還元反応によるイオン交換が起こるものの、液自体は混ざらない構造なんだそうで、主流のリチウムイオン電池に比べて重量あたり出力密度で1.5倍、エネルギー密度で5倍に達し、1万回以上の充電サイクルを繰り返してもメモリ効果(継ぎ足し充電による電圧降下現象)が伴わない利点が有るとかなんとか。「nanoFlowcell AG」のイエンスペーター・エレルマン会長は「この技術は成熟した自動車産業だけに留まらず、エネルギー、海運、鉄道、航空などの分野へ導入される可能性を持つ」と。
    トヨタは水素で走るFCV(燃料電池車)を年内に発売するが、一方でシステムの小型化が得意な日本だけに「nanoFlowcell AG」のような画期的な発電方法で長距離走行を実現するEVベンチャー登場にも期待したいと記事にあります。
    自動運転が欧米で大きな動きを見せ、「自称先進国」「自動運転は日本のお家芸」と言われている日本はいつまで優位な立場を維持できるのか?と指摘し、日本は正念場を迎えると書いてあります。
    自動運転が欧米で大きな動き「自称先進国」日本は正念場を迎える | FUTURUS(フトゥールス)2014年7月24日 googleですよね。アメリカで、自動運転に関する動きが加速していると。民間企業はもとより、政府も積極的な動きをみせてきて自動運転シンポジウム2014年7月14〜18日が大盛況だったと。自動車部品の大手でカナダのマグナ社は、キャデラック『ATS』に単眼カメラを搭載したプロトモデルによる、公道での渋滞対応の自動運転デモンストレーションを行ったところ、ルートは終日交通量が多く、頻繁に渋滞を発生するフリーウェイ101号線sw、時速44マイル(約72キロ)以下で作動する同システムでドライバーはハンドル、アクセル、ブレーキにまったく触ることなく、完全停止からのストップ&ゴーを含めた完全自動運転だったとのこと。化石燃料の排気量が大きいイメージのキャデラックが実験車両となって公道でこれを走行させているのですね。完全自動運転について、日産は「2020年までに実用化する」と発表。が、アドバンスドなんとか、ぶつからない技術のADASについては、欧州のボッシュ社やコンチネンタル社がドイツの大手自動車メーカーやEC (欧州委員会) と連携し、規格の世界標準化を基盤として、欧米での実装テストを含め、着実に技術開発を進めていると。そりゃそうですよね。さらに、今回のシンポジウムでも2つの講演を行った米グーグル社は今夏から、カリフォルニア州内で二人乗りの小型自動運転車を100台使った本格的な実証試験を開始。世界市場での標準化と巨額投資で突き進むベンチャー企業。そうした状況のなかで、日本は「いまが踏ん張りどころ」、まさに〜〜。

    QUANT e-Sportlimousine with nanoFLOWCELL® drive

    Three-Dimensional Mid-Air Acoustic Manipulation [Acoustic Levitation] (2013,2014-)

    ↓2013年12月19日upだと行っていた頃ですね。
    Dubai's Luxury Life BBC Full Documentary



    ↓paris hiltonのお気に入り、え? 私もです!
    ♪Calvin Harris - Summer


    ↓wsjでコメントも。 Paris Hilton Explains 'I'm one of the top 5 DJ's' Comment

    ↓いかがでしょうか。彼女はわかっていますね〜。パリス・ヒルトンが現在敢行中の2か月間におよぶDJツアーの一環として、自身が常駐DJを務めるイビサ島のクラブ、アムネシアでわずか4日間で160万ポンド(約2億7,000万円)の収入を得たと。が、ほかのスタッフがほとんどの技術的な仕事をこなす中、自身は「再生ボタンを押す」だけという内容で時給20万7,000ポンド(約3,500万円)という巨額を得ていることに非難が集中しているとのニュース。時給換算で20万7000ポンド。「観客は楽しんでいるようですが、ほとんどの人は酔っぱらい過ぎて、パリスがビヨンセのメガミックスの再生ボタンを押しただけでも気にならないんです」とイビサ島の人はTHE SUN忯に語っているそうで、もっともです。パリスのお気に入りのトラックはこちら、「カルヴィン・ハリス最高! 彼の曲『サマー』はハンパないわ! 大好き!」。パリスは8日にはバルセロナ、その後はサントロペへと向かい、さらにはポルトガルの後には韓国、コロンビア、マルベーリャでの公演も控えるそうで、その公演の合間にも常駐のアムネシアでプレイする予定とか。ツアーは10月11日ニュージャージー州アトランティックシティのハラーズ・プール・アフター・ダークで千秋楽。ヒルトン家で一番の働き者です。
    ♪ DJ PARIS HILTON
    | pickyoko | - | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 19:57 | - | - |
      0









        http://pickyoko.jugem.cc/trackback/3489
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
         

        このページの先頭へ